印材を理解する

印鑑には色々なパーツが有りますが、縁起がいい印鑑を作っていく時にはこだわっていきたいところでもあります。まず気になっていくのが使用する印材です。この選び方も色々とありますのでチェックしておくといいでしょう。

一般的に利用されている印材というのは象牙やオランダ水牛、そして黒水牛や柘植などがあります。これらの素材を使って印鑑を作っていくのですが、お店によっては高品質な印材を利用しているところがありますので、特徴をしっかりと理解をしておきましょう。個人では象牙やオランダ水牛、企業では黒水牛や柘植を利用していくのが一般的です。

象牙というのは硬さも適度になっており、さほど重くもありません。耐久性も十分にありますので、朱肉もしっかりとついていきます。生涯利用していくには打ってつけの素材といえるでしょう。オランダ水牛というの印材の中で最も個性がある印材といわれています。輝きが独特ということで人気の高い印材となっています。しかし虫食いや乾燥に弱いというデメリットがあるため、必ず印鑑ケースの購入が必要となっていきます。黒水牛は芯がしっかりとしている素材で、保管に気をつけると独特の色合いをキープできます。そして柘植は印鑑に適している最もいい素材と言われており、国産のものもあります。