吉方位を調べる

印鑑で縁起がいいものを選んでいくために調べていくものとして吉方位というものがあります。これは自宅に家相というものがあるように、印鑑でも古代中国から言い伝えられている九星だったり方位を使っていく後天運というものを解いている印相学が存在しています。印相学で使っている姓名や生年月日に基づき、印面の円周を拡張したり全体のバランスについていいかどうかを調節していきます。それぞれいい状態になると、後天運が向上していくようになります。

印相体というのは八方位ありますが、それぞれに基づいて使用されている書体となっています。仕事に関しては成功や信用そして権力を表していく名声運や財運などを表している畜財運、新規や発展などを表している希望運などがあります。そして家庭については堅実さや土地などを表している愛情運にコミュニケーションなどを取っていけるかどうかを見ていく社交運、住居に関する運や家族に関する運というのも吉方位で決まっていくことになります。才能や恋愛に関しても運がありますので、悩んでいる人にはお勧めとなっています。

様々なホームページなどで吉方位を知ることができますので、縁起がいい印鑑を作ってみたいという方は一度勉強をしてみるのもいいでしょう。

サイズや印影について

サイズについても縁起がいい印鑑を作っていく時には気をつけなければなりません。印材だけでなくサイズも色々とありますので、お店の人と相談しながら決めていくのがいいでしょう。使用用途などでもサイズが大きく変化していきますので注意しましょう。女性の方が基本的にサイズが小さくなっていますので、サンプルをしっかりと見ておく必要があります。そして実印として登録することができるサイズというのは、役所で多少サイズが異なっていきますが、直径は25ミリ以下になっていないと登録することができない傾向にあります。また法人では登記で使用することができる法人の実印については、直径で30ミリ以下に設定されています。

実際に印鑑を購入した時には、印面に対してあまり朱肉を付け過ぎないようにしていきましょう。縁起がいい印鑑というのは押印した時にはっきりと見えているのがいいものです。事前に押印しているような時には、その時に残っている朱肉をしっかりとティッシュなどで拭きとってから利用していくようにしましょう。

押印するコツというのは、柔らかいマットを下において適度な力加減で押していくとくっきりと押印することができます。綺麗に常に保っていくことによって、綺麗な印影を作り出していくことができるでしょう。

印材を理解する

印鑑には色々なパーツが有りますが、縁起がいい印鑑を作っていく時にはこだわっていきたいところでもあります。まず気になっていくのが使用する印材です。この選び方も色々とありますのでチェックしておくといいでしょう。

一般的に利用されている印材というのは象牙やオランダ水牛、そして黒水牛や柘植などがあります。これらの素材を使って印鑑を作っていくのですが、お店によっては高品質な印材を利用しているところがありますので、特徴をしっかりと理解をしておきましょう。個人では象牙やオランダ水牛、企業では黒水牛や柘植を利用していくのが一般的です。

象牙というのは硬さも適度になっており、さほど重くもありません。耐久性も十分にありますので、朱肉もしっかりとついていきます。生涯利用していくには打ってつけの素材といえるでしょう。オランダ水牛というの印材の中で最も個性がある印材といわれています。輝きが独特ということで人気の高い印材となっています。しかし虫食いや乾燥に弱いというデメリットがあるため、必ず印鑑ケースの購入が必要となっていきます。黒水牛は芯がしっかりとしている素材で、保管に気をつけると独特の色合いをキープできます。そして柘植は印鑑に適している最もいい素材と言われており、国産のものもあります。

印鑑で気をつけること

年が明けて生活環境などが大きく変化をしていく際に、少しでも運気を上げていくために印鑑を購入していこうと考えている方もいることでしょう。印鑑というのは大切なアイテムとなりますので、少しでもお金をかけて行きたいところです。そんな中でハンコでもいいのではと考えて購入する方もいますが、そもそも印鑑とハンコというのは違いがあるように見えますが、同じものです。縁起がいい印鑑を購入していく際に、様々なタイプを見つけていくことができますが、三文判と実印という言葉をよく聞くことになります。この点については縁起がいいかどうかを判断する前に知っておかなければなりません。

まず三文判というのは、様々なお店で販売されているのですが、安く購入することができる大量生産されている印鑑となっています。しかし製造している会社が異なっていることが多く、同じ名字でも微妙に形が異なっていることがわかります。そのため重要な契約などで利用していくと危険性を伴うこともあります。
そこで登場するのが専門的なお店で販売されている印鑑である実印になります。実印はそれぞれの顔とも言える存在になっており、重要な契約などで必要不可欠になっていきます。

関連サイト…印鑑・実印、の通販 – 印鑑ダイレクト【公式サイト】

そのため各個人で異なっているだけでなく、企業で印鑑をもとうという時にも活用されるものとなります。枠が欠けていたり、朱肉がしっかりとつかないというケースもありますので、納得がいく縁起のいい印鑑を選びたいものです。様々なポイントを理解して選択するようにしていきましょう。